小型電動工具の代名詞ともなっている”リューター”。
当社は昭和13年の設立以来、時計、カメラといった精密部品メーカーとして、技術力の向上に努めてまいりました。

こうした技術ノウハウを応用し、昭和29年、製品開発に成功したのが、ハンドグラインダー“リューター2型”です。
これは軽量小型で長時間の作業にも耐えうる画期的な製品として、一躍業界の注目を集めました。
その後も、多様化するニーズにキメ細かに応え、次々とユニークな関連製品を世に送り出しています。

ここで培った高速回転、研削技術をフレキシブルに活用し、木工機械、汎用・専用工作機械、さらにはそうした付属装置についても独自に開発を進め、”安心して使っていただける、安全性にすぐれた、高付加価値製品の提供”をモットーに、さらに創造性の高い製品作りに取り組んでいます。